サーフィン 愛知

愛知 サーフスポット

愛知県のサーフィンの環境は、伊良湖の各サーフィンポイントでもまだまだ道路状況のよくないシークレットポイントも存在し、とても狭い道を片側ずつ通行するようなところもあります。
愛知県の主要道路は伊良湖の方まではなく、豊橋までで、一号線は浜松方面へと向かいます。
サーフィンをする人はそのまま浜松方面に向かうか、あるいは伊良湖方面に向かうかになります。

 

 

愛知県の伊良湖のロングビーチは大変長く広いポイントで、海沿いに道路が続き、トイレ、駐車場なども用意されています。
ただ、地元のサーフィンをする人たちによってそれらの場所も守られています。
近頃はその愛知県伊良湖のロングビーチの道路に面している場所での迷惑駐車や近隣住民への騒音といった迷惑行為が深刻化しています。

 

 

愛知県の伊良湖のサーフィンの環境としては、充実した施設のある観光、海水浴ポイントといった場所を中心に改善されており、地元のサーファーたちの手によってトイレなども利用することが可能にされていますので安心してサーフィンをできるような場所が多くみられます。

 

 

愛知県でサーフィンするときの注意としては、まず他府県などのビジターはたばこ、ごみといったものは絶対に路上に捨てない、愛知県を汚さないということを心がけることが不可欠です。
人の力によって自然は簡単に壊すことができるため、サーフィンをずっとし続けるためには自然を大切にこの愛知県の海を大切にしましょう。

 

 

初心者のサーファーには愛知県にサーフィンをしにくる人たちの中でも気をつけることが多くあります。

 

波を愛知県の伊良湖のサーフィンをするポイントでは敏感にキャッチするため、急に波が大きくなったりカレントが急に強くなったり、足が急につかなくなるような深い場所もあり、初めてサーフィンをするという人にとってはかなり危ないです。
特に最初の場合は中級者、上級者などと共に海に入り、波の乗り方もそうですがカレントの仕組み、海の情報などを教えてもらうということが必要です。
油断は愛知県でサーフィンをするときには絶対しないようにしましょう。飲酒後に海に入ることは絶対にしてはいけません。

 

 

あとは中級者、上級者などのほかのサーファーたちの迷惑にかからないようにマナーとルールを守るよう注意しましょう。

 

サーフィンのサーフボードはすぐに破損するため衝突してトラブルになることも多くありますので危ない場所で波を待つことはしないようにしましょう。

 

愛知県のサーフィンの環境と注意は以上のようになっています。