サーフィン 基本動作

まずはサーフィンの基本動作を覚えよう

ショートボードの基本姿勢

  1. 指先を前方に伸ばした際、ボードの先端に触れる程度の位置でうつ伏せになる。
  2. 足を閉じる。
  3. アゴを引いて目線を正面に向け、胸を反る。

 

ショートボードのパドリング

  1. 手のひらは、力を入れず自然な開き具合がベスト。
  2. 水中での手の動かし方は、軽く肘を曲げ、板の先端からボードの内側を通り、お尻のレール付近まで水をかきます。
  3. 腕の回し方は、力を抜いて水に手を入れ、肘を伸ばして水から手を出します。

 

ショートボードのドルフィン

  1. パドリングで加速し、四つん這いになりボードを水中に沈める。
  2. 腕に体重を乗せ、頭から波に入り、波を抜ける際は足でボードのテールを押し込む。
  3. 波をスルーしたらバランスを整える。

 

ロングボードの基本姿勢

  1. 指先を前方に伸ばしたとき、ボードの先端に触れるくらいの位置でうつ伏せになる。
  2. 足は閉じて、ボードに乗せる。
  3. 正面を向き、胸を反る。

 

プッシングスルー

  1. パドリングで充分加速する。
  2. 腕に力を入れ、ボードで波を押さえつけるようにする。
  3. 波を越える瞬間は、自分の体を浮かせる。

 

ローリングスルー

  1. スープの直前で、体を水中に沈める。
  2. 水中では、レールをしっかり握っておく。
  3. 波が通過したら、体を回転させ水面に上がる。