サーフィン 湘南

湘南はサーフィンの発祥地

湘南海岸で海水浴が始まってから120年になりますが、それにつぐ大変化と言えます。しかも海水浴は夏だけのスポーツでありますが、サーフィンは四季を通じて行われます。かくて湘南は日本におけるサーフィンの発祥地、そのメッカとなりました。ところで、サーフィンが導入されるまでにこれに似たようなものがなかったのでしょうか。実は戦前から「波乗り」が行われていたということを思い出す人も多いのではないかと思います。
これには人間の体だけで波に乗る「素乗り」と波乗り板を使う「板子乗り」といったものがありました。
「素乗り」の方は人間の体だけで波に乗るというものであり、ハワイなどではボディーサーフィンと呼ばれているものです。
現在では、プラスチック製のボディボードと呼ばれ主流になっています。
ボディボードは厚さ2?3センチ、幅30センチ、長さ60センチで丸い手かけ穴がありました。
現在、湘南といえばサーフィンと答えて誰も反対意見はないでしょう。それほどに季節を問わず湘南の海を見渡せばサーフィンやボディボードを楽しむ人々で賑わっています。

 

 

サーフィン湘南の地理的優位性

サーフショップの増加はサーファーの増加に伴うと推測されますが、その原因はやはり湘南が都心部に近く、交通の便が良いということにあると思われます。
湘南の場合はアクセスがしやすいという地理的条件のために人が集まり、ショップが増加し、現地のサーフショップで軽装のまま出かけても物品の調達をすることが可能であり、ショップで技術指導を受けることも可能であるという条件からさらに人が集まるという、集客の循環構造が形成されたと考えることができます。
情報に引っ張られるサーフィン人気、さらに、60年代後半から70年代のサーフィン関連記事を分析すると、圧倒的に湘南の記事が多く、続いて千葉があり、関西は非常に少なくなっています。これは当時の出版事情が東京中心であったことにも原因がありますが、流通する情報が圧倒的に多かったということもまた、湘南へのサーファー集客を増加させた原因の一つです。
実際、70年代の後半、サーファーはどのくらいいたのでしょうか。 1976年の日本プロフェッショナル・サーフィン連盟のデータによれば、
当時のサーフィン人口は約15?20万人と少なく、スポーツとしてはマイナーな存在でした。しかし、余暇開発センターの『レジャー白書(1976年)』によれば、サーフィンは「今はしていないスポーツで、将来したいと考えているもの」の上位にランクインしており、情報が先行しサーフィン人気を引っ張っていったと考えられます。
1976年後半から1978年頃にはウエストコーストファッションが全盛期を迎え、その末期から1976年にかけてはよりスポーツ性の高いサーファーファッションがはやり、ファッションが占める割合は先行する情報のなかでも非常に大きかったということが想像されます。
このような状況下で進行したのが、スポーツであるサーフィンそのものがファッション化していくという現象でした。