サーフィン バリ

バリ サーフスポット

バリ島のサーフィン情報です。

 

クタビーチ

5km程の長い海岸線でいたるところで波がブレークしています。 ビーチは遠浅であるため、ロングボーダーやサーフィン初心者といった人たちも楽しむことが可能です。
メインのポイントはレギャンのパドマとハーフウェイの2ヶ所あり、レギュラー、グーフィー共によくアクションがかけ易い波でコンディションが整うとチューブも巻き、潮が引くダンパーになるため上潮時が狙い目になります。

 

チャングー

日本人サーファーに人気となっているポイントです。レフト&ライトのピークがあり、クションがかけやすくチューブにも入りやすいです。
クタのコンペティターもよく姿を見せ混雑する事もよくあります。混雑を避けたい人は、2kmほど手前のブラワーポイントか、500mクタよりのサーフポイントでサーフするかがおすすめです。

 

ドリームランド

メインにライト&レフトピークがあり波のサイズによってインサイドのブレイクと左のグーフィーに分かれます。
メインのピークのライトは、ショートだがテイクオフとドロップが気持ちよく、コンディションが良いとチューブにも入るということが可能です。
レフトは、3回程ターンした後に波がクローズしてしまいます。
左側のグーフィーは、200mのロングライドをすることもでき、インサイドセクションに入ると一気に掘れ上がり、日本では味わえない感覚です。
インサイドポイントは、ローカルの子供達の練習の場所で熱いセッションになっています。波はショートですが、技がかけやすくエアーなどもやり易いです。
バリ島の中でもドリームランドのビーチは有名であるため、多くの観光客でにぎわっています。

 

マデウィー

グーフィーオンリーのサーフポイントブレイクで、岬に沿ってブレークします。波質はメローで200mのロングライドをすることが可能です。
サーフィン初心者やロングボードでも楽しめる波、ハイタイドのときが良いコンディションです。クタから2時間と遠いため、人が少ない場合が多いです。
岬の反対側にレギュラーの波もあるため風が弱い日にチェックしてみると良いです。

 

バリアン

バリ島では数少ないリバーマウスです。ライトとレフトがありアクションがかけやすく、チューブもあります。
ダブル以上になるとアウトで一度ブレークしてしまうため、頭位の時が良いクタビーチよりワンサイズ以上大きいので、クタがスモールコンディションの時が狙い目です。サイズがあるという日は、インサイドのカレントとショアーブレイクに注意しましょう。このサーフポイントも比較的空いています。