サーフィン 種子島

種子島 サーフスポット

種子島でサーフィンが楽しめるサーフスポットをご紹介します。

 

サーフスポット

鉄浜ポイント

マウナビレッジから車で2分。種子島で最も有名なポイントです。更衣室、シャワー、トイレが完備されており島北で一番混雑します。
ビーチブレイクでありながら、非常にパワフルであるので、膝・腰でも十分に走るということが可能です。
最近では、ポイントを一望するウッディーなレストランができており、またラインナップからは武田鉄也の別荘を望むということが可能です。
ローカルも多いため、マナーとルールには、十分に注意するということが不可欠です。

 

風本ポイント

マウナビレッジから車で5分。風本神社の前でブレイクするリバーマウスです。太平洋側がジャンクな時、唯一サーフィンできるサーフポイントです。
レギュラーオンリーのロングウェーブで簡単なテイクオフから徐々にショルダーが張ってきます。リッピング、カットバック、チューブと何でもありです。

 

浅川ポイント

マウナビレッジから車で5分。風本ポイントから鉄浜ポイントに向かう途中に現れるレギュラーオンリーのサーフポイントです。
他のポイントが混雑な時さりげなく割れていることが多く、人も少な目になっています。距離の長いファンウェーブでメローにクルーズすれば、“That's Island”といった感じです。

 

ハングリーポイント

マウナビレッジから車で5分。この名前は、アウターリーフのこの波は岸からラインナップまで10分以上かかるので「腹が減る」から付きました。
種子島の中で最もビックかつロングな波で台風のグランドスウェルで本領を発揮します。4〜5ftがベストでMAXは7ftオーバーのスーパーグーフィーです。
200mにおよぶロングウォールは、ノースショアを彷彿させますが、情報ではこのサイズになるとローカルレジェンド達のスーパーセッションとなり、ビジターは、ギャラリーに回った方が良いと思われます。

 

ロックポイント

マウナビレッジから車で5分。ハングリーと向き合うスーパーバレルです。台風のグランドスウェルが安城港の岩棚にヒットすると現れるこの波は、オーバーヘッドからダブルオーバーまでサーフィンできます。
テイクオフからいきなりホレあがり、深いボトムターンを決めればバックドアを彷彿とさせるスーパーチューブが目の前に現れます。
レギュラーフッターにはたまらない極上の波ですが、情報ではインサイトは浅く鋭い岩肌が牙を剥いているエキスパートオンリーのポイントでこちらもハングリーと同じくビジターはギャラリーに回った方が良いと思われます。