サーフィン 奄美大島

奄美大島 サーフスポット

奄美大島のサーフポイントでのサーフィンの楽しみ方をご紹介します。

 

サーフトリップ

まずは地元サーファーと仲良くなろう!
奄美大島に限らずサーフトリップを楽しむための第一条件はいい波がわれてるということです。
しかし波のある場所には必ずローカルが先住しており、彼等なりのサーフィンルールというものがあります。
サーフトリップをより楽しい思い出にする一番の秘訣はローカルと上手にコミュニケーションをとるということです。

 

地域住民への配慮も

レンタカーで移動するという場合、サーフポイント周辺への駐車は非常に迷惑である場合があります。
ここでもやはりローカル情報が大事なものとなります。駐車場所は事前に確認しておきましょう。

 

自然はそのままに

サーフトリップに限らず日本人の旅行者は昔から「旅の恥はかきすて」的な考えがあるようで、記念にと名前を刻んだり、ゴミを散らかしたりとしょうもないことをします。次に来る人のために、次にサーフィンにくる時のために、自然はそのままにしておきましょう。

 

リスク管理は自分自身で

どこのサーフポイントに行くのか、何時くらいに帰ってくるのかということを必ずペンション係員に伝えていきましょう。事前にそのポイントの注意事項といったことなども確認しておきます。
未開のポイントで全員海に入ってレンタカーだけ取り残されてといったことになっても誰も助けに来てはくれません。
楽しみ方を心得て、東シナ海・太平洋の藻屑にならないように注意しましょう。

 

 

サーフスポット

ビラ

リーフのポイントブレイクで、奄美大島の中でも人気のあるポイントです。

 

鳩浜

サーフエリアが、東シナ海エリアの中では一番広くなっています。しかしエントリーがテトラからのゲッティングアウトになるので初心者には無理です。
ロック混じりでところどころ大きな石が出現するため、ローカル情報を得ることが不可欠です。

 

山羊島

リーフのグーフィーオンリーです。満潮時のみサーフすることができる場所です。見た目よりハードであるため自分の力を過信してはいけません。ここもローカル情報を得ることが不可欠です。

 

戸円

東シナ海エリア南よりのポイントです。ロックポイントであるためロータイトがベストでレギュラーオンリーです。サーフスペースが狭いため10人程度がいいところです。胸〜肩サイズまでは比較的楽にゲッティングアウトすることが可能です。

 

 

手広

リーフ+ビーチブレイクでビギナーでも安心して練習することが可能であるポイントです。

 

奄美大島でただひとつのリバーマウスポイントです。基本的にはレギュラーオンリーですがうねりの向きによってはグーフィーも可能です。
駐車スペースが少ないのでローカル情報を必ず得るようにしましょう。

 

嘉徳

奄美大島南部のビーチブレイクポイントです。南部のローカルポイントです。ローカルとコミュニケーションをとることが不可欠です。