サーフィン 千葉

千葉県 サーフスポット

千葉県でのサーフィンの際のサーフスポットの情報です。

 

サーフィン(サーフポイント)情報

志田下ポイント

言わずと知れた千葉のサーフィン道場です。プロサーファー、トップアマが常に練習しています。 ローカルも多いため、ビジターはまず大事なのは、海の雰囲気を把握するという事です。
セッションの時は見ているだけでも楽しくなります。 波質は時期によってですが、掘れた形の良いチューブになる事もあります。地元の祭りなども行われる伝説的なポイントです。

 

太東ポイント

昔は堤防が無く、約1kmも乗れるレギュラーのマシンウェイブが立っていたらしいです。 今でも地形が決まれば堤防脇からのレギュラーはロングライドができ、好むサーファーは多くいます。 比較的メローな波質はロングボーダーに人気があり、ビギナーも受け入れます。(但し堤防横から沖へ出ているカレントには注意が必要です。)
一ノ宮周辺のポイントがクローズアウトしていても、堤防の影響で波があれば常にサーフ可能であるためクローズコンディションの時はこのサーフスポットへショートボーダーが集まります。

 

シーイーグル前ポイント

シーイーグルというサーフショップの目の前のポイントです。 シーイーグルオーナーの吉田氏が試行錯誤を繰り返してここでは地形作りをされています。
決まった時などはここだけが良いブレイクだったりします。

 

キレメポイント その1

キレメというといまいちピンときませんが、名前の由来は防潮工(波よけの堤防)の切れ目があった事からそう呼ばれ出しました。
現在は太東から東浪見まで防潮工が整備されていますが、昭和50年半に防潮工工事が途中になっていて、その切れた所(太東と志田の中間あたり)にサンドバーが出来て三角波がたっていたといいます。 春?夏の時期、南よりの風が合う事もあり、今でもレフト/ライト共に形の良いブレイク見せる人気のポイントです。

 

キレメポイント その2

新しく志田側に出来た堤防の右側です。 堤防が出来てすぐの頃は堤防に向かっていくライトは結構掘れていてチューブの時期もありました。
最近このサーフスポットは堤防横からのレフトが良い時が多いです。太東、シーイーグル前より1サイズが大きいので、オススメは波が小さい時です。 良い時はプロやトップアマも入っています。

 

マナーについて

太東は千葉のサーフィン発祥の地のひとつでもあり歴史のあるポイントです。 往年のサーファーのサーフシーンを盛り上げようと努力してきた情熱で発展して来ました。
サーフィンは自然相手のスポーツですが、個人競技ではありません。マナーが必要です。同じ場所で同じ時間に立つ波を他のサーファーと共有するのです。
自然、地元の人(ローカル)、そして一緒に波乗りするサーファー達をリスペクトしてマナーを守って海に入りましょう。