サーフィン 初心者

古代サーフィン

古代サーフィンを発明したのは、ハワイやタヒチに住んでいた古代ポリネシアの人々と言われています。
サーフィンの起源、つまり古代サーフィンの始まりは西暦400年頃と推測されていますが、詳しいことは未だにハッキリと解っていません。

 

古代サーフィンは、古代ポリネシア民族だから出来たと言っても過言ではありません。
理由は、当時の古代ポリネシア民族は、海の民と言われるほど高度な航海術を持っていました。そのような彼らが発明した道具の中にアウトリガーカヌーというものがあります。これは、カヌーの片側に(浮)ウキを装着し、転覆しにくくしたものですが、彼らはこのアウトリガーカヌーで毎日外海へ出て漁をしていました。そして、漁から岸へ戻ってくる時は必然的に波に乗って帰ってくるのです。
そう、古代サーフィンというのは、古代ポリネシア民族の漁業から生まれたのです。
古代ポリネシア民族は、漁から帰るときの波乗りが楽しくなり、娯楽としてこの波乗り(古代サーフィン)を始めたのです。
アウトリガーカヌーは改良を重ね、次第に小さくなっていきました。そして、オロやアライアと呼ばれるサーフボードの原型が誕生しました。
この頃になると、古代サーフィンはとても盛んになり、サーフィンの決闘まで行われていたようです。
挙句の果てには古代ポリネシア民族の儀式にもサーフィンが盛り込まれるようになりました。

 

ある日、イギリスの探検家ジェームス・クックがハワイやタヒチでこの古代サーフィンを目撃します。
ジェームス・クック船長は航海日誌にも綴っています。
しかし、これをきっかけにポリネシアの島々にヨーロッパの文化や宗教が押し寄せてきました。
ヨーロッパの宣教師たちは、布教の妨げになるとサーフィンを禁止し、サーフボードも燃やしてしまいました。
また、風疹や結核などの西洋の伝染病が蔓延し、古代ポリネシア民族の数が短期間に激減してしまいました。
したがって、古代サーフィンは終焉を迎えることになりました。