サーフィン 初心者

サーフィンの歴史

サーフィンの歴史は、主に古代サーフィンと近代サーフィンの2種類に分類されています。

 

どちらもハワイ諸島の住民たちの娯楽として始まり、みんなに愛されるスポーツとなった現在に至ります。

 

大まかなサーフィンの歴史の流れ

古代サーフィンの誕生
古代サーフィンの終焉
近代サーフィンとして復活
日本のサーフィン誕生

 

 

日本のサーフィン

日本のサーフィンが誕生したのは1960年頃と言われています。

 

アメリカ人が、千葉や神奈川の海でサーフィンを楽しんでいる様子を見た地元の若者たちが、自作でフロートと呼ばれたボードを作り、真似したのが最初だと言われています。

 

1965年、その若者たちの手により、日本サーフィン連盟が発足、翌1966年には早くも第一回目の全日本サーフィン選手権が行われました。
ちなみに、この時の参加者は99名だったそうです。
現在に至っては、参加者は1000名を超える日本を代表する大会に成長しました。

 

こうした日本サーフィン連盟の活躍もあり、現在サーフィンは日本中で親しまれるスポーツになりました。